来光皮膜工業所

黒染 パーカライジング 黒色酸化皮膜 愛知県 名古屋市 表面処理 求人

金属表面処理は来光皮膜工業所にお任せ下さい
HOME >  金属表面処理加工  > 黒染(四酸化鉄皮膜)
  • 黒染加工処理とは(四酸化鉄皮膜)

    黒染加工処理とは(四酸化鉄皮膜)

    別名:フェルマイトとも呼ばれます。

    黒染加工とは、昔から行われている金属の表面処理です。表面を黒色光沢に染め上げることから、
    黒染加工という言葉で呼ばれています。この方法は濃厚な苛性ソーダの水容液中の酸化剤を混ぜ、
    140~145度の温度で鉄製品を処理する方法です。

    皮膜の組成は真黒色のFe304です。厚さは通常1~2μ(処理時間によって多少異なる)で、製品の寸法には殆ど影響がありません。そのために精密な部品の着色などに使用されます。

    黒染(四酸化鉄皮膜)は耐熱性があるのでその用途は極めて広いです。

    この皮膜は金属面(鉄)の表面の物理・化学変化した物であるため長期間にわたって使用、
    保存する場合は錆止め油(防錆油)等で表面を保護する必要があります。

  • 他の呼び方

    BK、四三酸化鉄、フェルマイト処理、SOB、アルカリ黒色処理、JIS H 0400、Fe3O4、アルカリ着色

  • 特徴

    黒染加工処理の特徴

    1.剥がれない
    メッキ加工、塗装などの表面処理と違い、化学反応を利用した表面処理なので、
    メッキや塗装のように剥離することはありせん。

    2.皮膜が薄いので寸法精度がほとんど変わらない
    皮膜はおよそ1μ前後と薄く、表面から内方向に化成するため、寸法精度がほとんど変わりません。

    3.防錆能力の向上
    当社では、黒染処理後に行われる仕上げ処理の工程で、錆止め油(防錆油)で表面を保護しますので錆びにくいです。

    4.美しい黒光沢により商品価値が高まる
    金属本来の輝きを損なうことなく、化学変化によって得られた美しい黒光沢は、
    高級感があり商品イメージを高めます。

    5.価格が安い
    表面処理はメリットが多く価格も安く行うことができます。
    納期や価格はお問い合わせ下さい。可能な限りお客様の要望にお応えします。
    TEL 0568-28-4343 FAX 0568-28-4344

  • 丁寧に手洗いすることでムラのない美しい製品に仕上げます!

    職人がひとつひとつ心を込めて手洗いします

    職人がひとつひとつ心を込めて手洗いします

    黒染処理はタップ穴などに薬が溜まりやすいので、形状の品物につきましては、
    ひとつひとつ全て人の手で特殊洗浄し、薬が出てくることのないように細心の注意を払っております。

    当社の黒染処理は仕上がりが美しく黒光沢でムラがありません!
    >>特殊洗浄についてはこちらをご覧ください。

  • 長尺物黒染め!!4300mmまで対応可能!!

    代替画像

    長尺物4300mmまで処理可能!! 重量物1tまで処理可能!! 各種専用治具・バレル等ご用意しております!! 量産物にも対応可能ですのでお問い合わせ下さい!!

3種類の金属表面処理加工を専門としています

  • 寸法精度を下げず黒光沢を出したい方へ

    皮膜はおよそ1μ前後と薄く、黒染
    処理後も寸法精度を下げずに黒光沢
    を出すことができます。

  • 製品の回転部分や摺動部の焼付けを抑えたい方へ

    表面の粒子が荒いため回転・摺動す
    る部分の潤滑を助け、焼付けやカジ
    リ等の現象を抑制します。

  • 鋳物を真っ黒に皮膜処理したい方へ

    鋳物黒染とも呼ばれます。名古屋で
    スーパーブラックを扱っている企業
    は来光皮膜工業所だけです!